--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/05/05

朝から雨。


朝から雨である。
久しぶりに家族4人が揃うので皆で浜松市美術館へ行くことになった。
『石田徹也展』
やっている。
以前に発売された画集は見て知ってはいたが、原画を見るのは始めてであった。

h2_0002.jpg

画集を見たときに感じた少し重苦しい印象は、原画を見てより大きくなった。
描かれている人物の(作者自身ではないかと思える)まなざしが虚ろで哀しい。



石田さんは1973年静岡県の焼津で生まれ、2005年不慮の事故で31歳で亡くなられています。


美術館に入る前に布橋の『藤屋』で腹ごしらえ。

h-1.jpg

富塚町のアパートに東京から引越ししてきて、すぐに家族で『藤屋』へお昼を食べに
入りました。それからもう24年経ちました。

いつも子供連れで行ってたので、お店のおじさんおばさんにも顔を覚えてもらい
長いお付き合いになりました。
おじさん、おばさんの顔にも皺が増えましたがお店は全然変わりません。

カレーうどん は絶品であります。

CAO34CHB.jpg

また味噌煮込みうどん では三河風(硬め)遠州風(柔らかめ)を選べ、
こちらも好物です。


雨で遠出はしませんでしたがマッタリとした連休の最後でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。