--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/01/24

母の入院


その連絡は金曜日の夕方、姫路で一人住まいの82歳の母からだった。
「今から緊急入院することになったからできたら明日帰ってきてくれ」

数日前にスーパーの階段でこけて体は打たなかったが
首が腫れてきたと聞いていたが…

どうやら喉の腫れで食事も喉を通らず、水も飲みづらくなったようである。
近くの病院で新日本製鉄の広畑病院(総合病院)を紹介されて行ったらしい。
診て貰ったら「すぐ入院するように」と言われたそうだ。

次の日の朝、新幹線で関西行きである。

姫路駅まで明石に住んでいる妹に車で迎えに来てもらった。
その日のアッシー君を頼んだ。
駅から新日鉄の病院へ見舞いに行って、そこから実家へ一度帰り2~3の用事を済ませ、
ご近所に母の入院と、当分の留守を伝える。
それが終わって、今度は父の入所している老人ホームヘ見舞いである。
介護士さんらと少し話をして退所する。
そこからまた母のいる病院に戻り、入院申請書等の書類を提出。
また父の様子を伝える。
そうこうするうちに夕方となり、浜松へ帰ることに。
なんだか長い一日であった。

下の写真は浜松駅の新幹線の駅の北西、もとイトーヨーカ堂の跡である。
(ピンクの線が入っている建物がそれ)
今は何とかというホテルが入っているが1階は空き家である。
昨年、地下に何とかというライブハウス?が入ったはずである。

P1000.jpg

足元には一応土産、静岡の「こっこ」を買った。
なぜ浜松の有名な「夜のお菓子うなぎパイ」ではないのか?
その理由は年末に買って帰ったから…。(なんのこっちゃ!)

P1001.jpg

浜松から姫路へ直通の「ひかり」で2時間と5分?
姫路駅に入る手前で北側に「姫路城」が見える。(赤丸印)

「みなさ~ん!姫路城は4月から大修理に取り掛かるため
美しい外観が見られるのは今のうちですよ!!!観光に姫路へ行きましょう。
確か5年ほど外に足場を組んだりするので天守閣が見えなくなる
そうですよ。」

P1002.jpg

下の写真は、新幹線の姫路駅のホームの下。
中二階の待合所にかざってある神輿です。
姫路の南の白浜町で10月にある「灘のけんか祭り」で
練られるお神輿である。豪華絢爛でありましょう!
が、お祭りでは何台もの神輿がぶつかり合うお祭りなのでボロボロになります。
(写真のタイプの神輿じゃないけど)
日本中から観光客が集まり、祭りの中では毎年何人も怪我人がでます。
時には不幸にも亡くなる方もあります。

P1003.jpg

下の写真は祭りの様子です。勇壮なお祭りです。

p55001.jpg

p55002.jpg

同じフロアには「姫路城」の模型が飾られています。

P1007.jpg

母親が入院してるのに呑気な奴とお思いでしょうが…
入院して点滴を打ってすぐ元気になっていました。
物を食べられない、水を飲めないで体が弱っていたようですが
点滴で復活しました。

浜松で一緒に暮らせれば良いんでしょが…母には
できれば田舎(四国の今治市)へ帰りたいという気持ちもあり
難しいところです。

つらつら書きましたが家庭の事情です。
今日24日はくたびれて箱入り親爺となっております。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。