--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/09

端唄ってなに?


端唄とは…と蘊蓄を垂れるほど詳しく知らず。

が、ウィキぺディアによりますと~(-。-)y-゜゜゜

「端唄とは長唄との対語であり、史料としては元禄年間に刊行された「松の葉」あたりからこの名確認できる。端唄には二義的意味合いがあり江戸端唄の前身である場合と、短い上方唄(地唄)をさす場合がある。

江戸端唄は江戸時代中期以降における短い歌謡の総称のことである。1920年代までは小唄も端唄の名で呼ばれていたが、その後端唄・小唄・うた沢・俗曲とはっきりと区別されるようになり、現在では小唄・うた沢・俗曲に属さない江戸期の小曲が端唄であると定義される。」らしいです。( ..)φメモメモ

で、聞いてみるとなかなかオツですぞ、おのおの方。

笹木美きえさんのブログから拝借、コピペ ↓

ねこじゃねこじゃ

梅は咲いたか

邦楽もええのお~

雑食性の28号でありました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。