--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/02

第26回 奥山落語会!


今夜は瀧川鯉昇さんの落語と田辺一邑さんの講談が楽しめました。

開始直前です。
そんなに広くない公民館の部屋にぎっしりの人々~
なんだかワクワクしてきたあ。(笑)

003_convert_20120602230205.jpg


さすがに講演の最中に写真は撮りづらく…

鯉昇さんは古典落語の「茶の湯」「粗忽の釘」の2題。
相変わらず高座に上がって、最初の数秒間の沈黙がおもろい。
2題の落語はアレンジが解りやすく楽しめました。
笑かして貰いましたあ!。

一邑さんは「フジヤマノトビウオ 古橋広之進」の話ともう一話は
タイトルは何だっけ?
「江戸時代の終わりに5人でイギリスへ密航してのちの初代内閣総理大臣になる
伊藤博文の話…」
この話を聞いていると密航する船の航路が、世界地図が頭に浮んできました。

落語と講談が終わった後の抽選会の風景。
鯉昇さんは私服に着替えてます。(はやっ!)

004_convert_20120602230236.jpg

左が鯉昇さん、中央が一邑さん。右が前座の春風亭○○(すんません名前の下が見えなんだ)

006_convert_20120602230301.jpg

そうそう、うちのかみさんはくじ運が良いのか鯉昇さんの
名前の入った手拭を当てたね。!(^^)!

いやあ、今夜はよく寝れそうだじぇ!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。